オフィス

異業種進出しやすい

男女

事業の拡大などに有利なM&Aですが、その成功する確率は50パーセント前後になっています。投資的な間隔で行う事が多いのも実情なのです。売り上げや利益による回収がどの程度でできるのか具体的なシミュレーションを行う必要があります。

詳細を読む

企業の合併と評価

ハンドシェイク

M&Aは相手側の企業価値を適切に評価する事が必要です。また、市場調査や企業の技術力などを把握し、適切な条件で譲渡する事も重要なポイントとされます。この事からM&Aに特化した支援の活用が不可欠とされています。

詳細を読む

企業の衝動買いが横行

女性

M&Aの成功の基準は、投資資金を回収することです。しかし多くの事例でこの合格ラインに乗せることができていないケースが多くなっています。投資判断を誤ったケースになりますが、特に高値で買い付けたケースがダントツになっています。

詳細を読む

企業を存続させる道へ

男の人

効率化を高める

M&Aとは、企業買収や統合のみならず、業務提携を含めた企業間の提携を現した言葉です。M&Aによって、より良いサービスが市場に提供され社会に恩恵を与えるメリットもあるのです。ホームページを制作する企業は、当初システムに強い企業とデザインに強い企業が参入しました。システムに強い企業はデザインに弱く、デザインに強い企業はシステムに弱い特徴を持ち合わせていたのです。M&Aを繰り返す事によって、お互いの足りない要素を埋め合って来たのです。M&Aのメリットには、企業に足りない要素を補う力を持ち合わせています。これはあくまでも一例ですが、販売に強く製品作りに弱い企業と販売に弱く製品作りに強い企業との統合などもあります。同業者同士のM&Aにもメリットが作り出される場合もあります。資材を仕入れる場合において、一度に大量に仕入れる事によって仕入れ単価を抑える事も出来るのです。物を販売するに至っては、従来よりも充実した商品を数多く揃える事も出来るでしょう。

人としての信頼が最も大切

M&Aは様々なメリットを生み出しますが、必ずM&Aに応じてくれるとは限りません。買い手が必ず現れるとも限らず、売って欲しい企業が必ず応じてくれるとも限りません。M&Aを行う場合は、双方のメリットについて洗いざらいするのも大切です。M&Aを行う事によって、市場からの見方に変化が生じる場合もあります。これは、メリットとして働く場合もあればデメリットとして働く場合もあります。例えば、食品売り場に掃除機を販売すれば、食品に対して汚れた印象を想起させてしまいかねません。これは、極端な例え話ですが、市場の反応について予測しておくのもポイントです。企業の理念などは、企業として大切にしている一面も持ち合わせています。M&Aを成功させるためには、利益追求のみならず理念をバトンの様に受け渡す思いで臨むのも重要です。