異業種進出しやすい|これからも事業を継続したいならメリットの多いM&Aを利用しよう
男の人

異業種進出しやすい

男女

初期投資資金がかかる

業種の多様化により、企業が異業種に進出ケースは多くなっています。もはや企業内に業種の垣根はなく、ビジネス展開を行うにあたり、儲かる事業を徹底して行う事が企業に求められることになっています。その一環として新規事業を立ち上げることも可能ですが、一から立ち上げるより早くに実現する方法がM&Aです。初期投資資金は高額になりますが、すでに完成した事業を手に入れることができますので、すぐに売り上げや利益体質を構成する事が可能になるメリットを持っています。しかしM&Aを行っても必ずしも利益を創出することができるとは限らないことに注意しなければなりません。加速化する社会の波に乗っても成功する確率はそんなに高くないのです。

投資回収までの試算

事業を軌道に乗せることができるかどうかだけでなく、コストとしてかかった初期費用を回収することができなければM&Aをした意味はありません。そのため、M&Aを行ったのちのシミュレーションをしっかりと行う必要があります。現在の業績をベースに算出することが多くなっていますが、実態は、会社の母体が変化することにより、環境変化が伴い売り上げや利益は多少低下することが一般的です。背伸びをして購入してもその成果を出すことはできないのです。利益率を低下させるのであれば、M&Aを行わない方が結果的に得をすることもあるのです。M&Aの成功率は50パーセント前後です。そのため投資で行うケースが多くなっているのも事実なのです。