企業の衝動買いが横行|これからも事業を継続したいならメリットの多いM&Aを利用しよう
男の人

企業の衝動買いが横行

女性

企業を取り巻く環境

企業で年々増加しているのがM&Aです。少子高齢化などの社会問題に寄るマーケットの縮小や、世界規模のコンペティション、事業承継の問題、企業再生など企業にはさまざまな取り巻く環境の変化があります。これらを起因としてM&Aを行う事も少なくないのです。経営戦略の具体的な構図の中にM&Aを取り入れている企業も少なくないのです。しかしM&Aで成功する確率は低くなっています。その理由は自社の環境で一から醸成したビジネスではないため、環境などになじみにくく、売上や成果を100パーセント発揮できない状態が多くなっているのです。もちろん初期の段階でこのあたりの懸念はリスク管理の中に含まれますが、年数が経過しても変化しないことが多いのです。

見込み違いによる失敗

M&Aでの合格基準は、投資資金を回収する事です。これを上回ることができれば、利益を出すことができる合格に値します。しかしM&Aに対する戦略の見通しが甘いことや、準備不足や試算の見込み違いなどを理由にして合格しないケースが多々発生しているのです。特に買値を間違えるようなケースが多くなっています。消費活動における衝動買いと同じような事象が企業間取引においても発生しているのです。経営判断のミスともいえる行為ですが、事業のスピードが速い現在においては即決することも重要なのです。時間との勝負で他社に負けられない環境において出し抜かれることを防止する為に、間違った選択をしてしまうケースも少なくないのです。